カミソリでムダ毛を自己処理する方法

日曜日, 31 1月, 2016

自己処理する上で気をつけること。

ムダ毛処理をするには、タイミングがあることをご存知でしょうか。
生理中や、その前後は避けたほうが良いと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
その他、体調があまりすぐれない時や、朝出かける前や海へ行く予定がある前など紫外線を浴びる可能性がある場合は、控えるようにしましょう。
また、カミソリでの自己処理は肌への負担もかかるので、頻繁に行わず、1週間か2週間に1度くらいに留めておきましょう。

カミソリと一言でいっても、部位によって使い分けが必要です。
L字カミソリは、除毛クリームなどが使えない顔にオススメです。
産毛や眉毛を整えるのに向いています。
T字カミソリは、腕や足など平らな面を処理する場合に使いましょう。
どちらも、よく剃れるものを使用し、部位に合わせて適切にシェービングクリームも用意しましょう。
安全ガードが付いたものも、肌への負担が少ないので、オススメです。

また刃の切れ味を保つために、カミソリのケアも大事です。
使用後はきれいに洗うことはもちろん、最後は乾いた布で水滴を拭き取るようにしてください。
水気が残っているとサビにつながり、切れ味だけでなく菌も繁殖してしまいます。
肌に直接使用するものなので忘れずに注意しましょう。

カミソリによるムダ毛処理の正しい方法。

足など広い面のムダ毛を自己処理する場合は、まずその部位を清潔にし、カミソリも清潔なものを用意します。
お風呂または蒸しタオルなどで、毛に水分を与えて、温めて柔らかくしましょう。
次にシェービングクリームを塗り、毛の流れに沿って優しく剃ります。
この時、力を入れないようにすることがポイントです。
また、やむおえず毛の流れに逆らって剃る場合は、出来るだけ回数や部位を少なくしましょう。
剃り終えたら、綺麗に洗い流し、ボディクリームなどできちんと保湿します。

顔を剃る場合は、お風呂あがりなど毛穴が開いて肌が柔らかくなっている時に行うと良いでしょう。
明るい場所で、鏡を見ながら剃っていきます。
化粧水で肌に潤いを与えてから、クリームや乳液をたっぷりと塗ります。
そして、手で軽く肌をひっぱりながら、毛流れに沿って剃っていきます。
基本的には、おでこから始め、鼻筋、眉下へと上から順に下へ剃っていくと良いでしょう。
その際、何度も同じとこを剃らず、出来るだけ一度で剃っていくほうが肌への負担になりません。
カミソリが汚れたら拭き取り、クリームを足しながら剃っていくのがポイントです。
剃り終えたら、濡れタオルでクリームを拭き取り、冷水で引き締めます。
仕上げに、たっぷりと化粧水と乳液を塗り、保湿しましょう。

関連ページ
顔脱毛の永久脱毛をすれば肌がきれいになる